INTERVIEW

常に改善を意識。
TOYOTA Wayを
引き継ぐ。

ARISA SHICHI

エリア限定スタッフ職

ARISA SHICHI

オペレーション本部
カスタマーサービスセンター東京室 提携インフォメーショングループ
2016年入社 比較文化学部卒

スーパーバイザー&研修トレーナーとして、目配り・気配り・心配りを大切にしています。

01

担当している仕事の内容について

お客さまからのお問い合わせに対応するインフォメーションデスクでオペレーターを管理・育成するスーパーバイザーと、新入社員や契約社員の研修トレーナーが担当業務です。理解しやすい研修にするため、具体的な事例を紹介しつつ、「なぜこの業務が発生するのか」などの目的まで説明するようにしています。電子マニュアルを使っている中で、よりわかりやすく修正することも業務の一環です。

02

自ら挑戦し成長を遂げたこと

入社して間もない頃、先輩がKAIZEN活動大会に参加していて、自らの提案から業務を改革している姿を見て「いつか自分も参加したい」と思いました。それを上司に伝えたところ「やってみないか」という返事をいただき、活動を開始。いざ自分や部署の仕事を見つめ直すと、それまでの経験や思い込みで判断してしまい、問題点を見つけるまでの工程に苦労しましたが、何とかやり切ることができました。今までの業務を当たり前と思い込まず、常に改善に努めることで、現状がより良くなることを学べる大きなきっかけとなりました。

03

トヨタファイナンスで働いていて良かったと感じること

入社して実感するのは、仕事もプライベートも充実できることです。私の趣味は海外旅行ですが、「社会人になったらできなくなる・・・」と諦めていました。しかし、今ではリフレッシュのために毎年、海外旅行をすることができています。家族や友人にも「休みが取りやすくて羨ましい」と言われるほど。また、働き方改革の取り組みも進んでいて、ノー残業デーやプレミアムデーが定着しています。早く帰れた日には、平日にネイルや美容院に行くこともできますしね。そんな働き方ができるトヨタファイナンスに入社して良かったと、心から思っています。

※本記事の内容および所属部署は取材当時のものです。